×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

アシュモレアン美術・考古学博物館 〜イギリス・オックスフォード〜

イギリスのオックスフォードにある博物館です。 HPはこちら
この博物館は、なかなか見ごたえのあるエジプトコレクションを所有しています。
2009年11月にリニューアルオープンしました。
以下ではお気に入りのアイテム&必見のアイテムを紹介します。


ネフェルタリの墓の壁画。


Dancing!×Dancing!


カァセケムイ王の像
セド祭用の衣装で白冠をかぶっている第2王朝の王様です。
台座には倒された敵が描かれています。


カァセケムイ像の台座。


47,209人の敵を倒したようです。


ヒエラコンポリス出土の先王朝時代のパレット



反対の面


上;ナルメル王のこん棒の頭の部分
下;サソリ王のこん棒の頭の部分。。


「さそり」が見えますね。
王がすきを持って開墾の儀式にのぞむ様子がえがかれています。


さそり×さそり×さそり×さそり


ネフェルティティ


イクナトン像(暗くてもうしわけないっす。。)


イクナトン像の後側〜その1〜


イクナトン像の後側〜その2〜


イクナトン像の後側〜その3〜


前期アテン名、イクナトン、ネフェルティティの名前が見えます。


イクナトンの王女たち


ちょっと拡大。


現在は一部しか残っていないですが、もともとは↑こんな感じだったらしい。


アマルナで出土した、ガラス製のブドウ


一部分だけでも特徴的。。


かわいこちゃん達。


願いをたくさん聞いてくださ〜い!


タハルカ王の神殿から発見された羊さん。
脚の間にはタハルカ自身。


タハルカの聖櫃


シヌヘのパピルス。
中王国時代の文学作品「シヌヘの物語」を後世に書き写したもの。


印章たち


ころころ…と転がしたらこうなる!という展示の仕方が丁寧。


スカラベさんたち。


押印?したら、こんな感じ。


なんか好き……。。。


おまけ。アリスショップのウサギさん。


オックスフォードへは、ロンドンからバスで1時間半くらいで行くことができます。往復券を買えば16ポンドくらいで、結構お手軽な値段だし。。
バスも15分〜20分おき位に出ていますし、乗り方もとっても簡単。
@乗りたい会社のバス停をみつけて(バス停の上に会社名が書かれています)、バスを待つ。
Aバスが来たら、乗り込んで、運転手から往復のチケットを購入。
Bバスにゆられてオックスフォードへ!
今回利用したのは、Oxford Tubeという会社のバスでした。HPはコチラ
バスの本数がとっても多いのは、通勤に利用している人がいるのでは?と思うのは私だけ??

ロンドンから簡単に行けるので、クライストチャーチとかを見に行くついでに、アシュモレアン博物館も訪問して見てください!


このページを作成するにあたり、主として図説古代エジプト誌 古代エジプトのファラオ」 を参考とさせていただきました。



Home

遺跡 Top