×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ラムセウム                                    

●作った人:ラムセス2世

●年代:新王国(第19王朝)

ラムセウムの見取り図は
ココ
 


ラムセス2世の作ったラムセウムは面積が約1万5,000平方メートルにも及んでおり、神殿だけではなく王宮や倉庫まであります。
Google Mapでみてみると・・・。。



今では巨像などは倒壊していますが、それでも見所たくさんです。

↑手前は第2塔門、奥は前柱廊と列柱室。

↑第1塔門。 
 

↑前柱廊と列柱室。
 

↑推定重量1,000トンを越す巨像

手も大きい。。。



←大きい足ですね。23cmの私の靴と
 比較してみると、大きさがよく分かります。

この像の後ろ側にベルツォーニの名前が書かれています。→→→→→

ベリツォーニはこの像の上半身をイギリスに持っていってしまいました。
現在は、大英博物館に展示されています。
ロンドンに行った際には、忘れずに見てください!


 

 
 
←頑張って拡大したもの。
 分かりますか???

↑王宮跡。
 










←もう一体(ベルツォーニがイギリスに持ち帰ったラム像と対になっていたラム像)の頭の部分。
 

↑列柱室の柱の上部には色彩がのこっています。
 


↑天体図天井。

   


天井も忘れずに見なきゃだめですね!
 

   
     谷の大祭で船が運ばれている場面→→→

天井を見上げると、ラムセス2世のカルトゥーシュが、
いたるところにあります。

  
 

 
   

 
→→拡大すると…↓↓↓
よくよく見ると、ラムセス2世の名前を書いているのですね。 
 


カディッシュの戦いの絵です。


ラム強し! 敵はかなり、やられちゃった感じです。

 

↑倉庫跡
 アーチの下まで行きたかったのですが、倉庫跡部分の多くは
 立ち入り禁止になっていました。残念。。

倉庫には階段もあります。 
 

よくよく見ると、ラムセス2世以外の名前も発見しました!

ラムセス2世の次の王である、メルエンプタハの名前があります。
カルトゥーシュはメルエンプタハが王になってから刻んだものです。

 ネフェルタリですね!
 
 


左から、トトメス2世、トトメス3世、アメンヘテプ2世、トトメス4世、アメンヘテプ3世のカルトゥーシュが見えます。
拡大すると…↓↓↓

   

やはり、ハトシェプストの名前はありませんね。。
アメンヘテプ3世の右となりのカルトゥーシュには、誰の名前が書かれているのでしょうか?
やっぱり、ホルエムヘブになってしまうのでしょうか?
万が一、あの人! という可能性は??? かなり低い???
   

前回、訪問した際には、いなかったアヌビス君発見!!!
大きい! かわゆい!!!!!!! 
 

前回は、お昼過ぎに行ったのですが、日陰が結構あって、意外に涼しかった! (9月でしたが。)
お昼ごはんをもって行って、ランチを食べながら見学すると最高な気分になれます!

このページを作成するにあたり、主として「
古代エジプト神殿大百科」「王家の谷〜テーベの神殿とネクロポリス図説 古代エジプト2 「王家の谷と神々の遺産」篇」を参考とさせていただきました。

Home

遺跡 Top